直葬、火葬式とは? まるいち 京都 家族葬 葬儀 お葬式

近年お葬式とお調べした際、『直葬』や『火葬式』という言葉を耳にしたことはありませんか?ここではそれらについてご参考になるように、詳しく説明させていただきます。

●直葬とは

『直葬』=『火葬式』で企業によって言い方が異なるだけで、ほとんど同じものだと考えていただいて構いません。直葬(火葬式)は近年、急激に増えた葬儀形態の一つで、通夜や葬儀・告別式を行わず、火葬のみを行うものです。葬儀会館、ご自宅、安置場へ搬送、安置した後、通夜や葬儀・告別式を行わずに出棺、火葬場へ移動して火葬を行うものです。法律により、ご遺体は死後24時間以内は火葬をしてはいけないと決められているため、直葬でも安置は必要です。京都の火葬場では火葬炉の前でご僧侶にお経をあげてもらい、お別れをします。

●直葬(火葬式)の料金相場

直葬(火葬式)は、一般的な内容の葬儀に比べて費用を大幅に抑えることができます。一般的な葬儀費用の平均は120万円ほどであるのに対し、直葬は15~30万円前後で行うことができます。葬儀社の中には「10万円でお葬式を行える」と宣伝しているところもありますが、その金額には必要な物品やサービスが全て含まれておらず、追加料金が発生することになるため事前に葬儀社さんへの確認が必要です。

●直葬(火葬式)のマナーについて

直葬(火葬式)では通夜・告別式を行わず火葬をして収骨のみとなります。そのため身内だけの少人数で行うケースがほとんどです。通常の葬儀ほど服装にこだわる必要はありませんが喪服や黒色のスーツなど常識の範囲内で適切な服装を心掛けた方が良いでしょう。

●役所から葬祭料が支給されない場合がある

葬儀代は、いつ必要になるか分からず、前もって用意しておくものではありません。そのため、急な出費になってしまうことがほとんどです。遺族の負担を減らすために、葬儀費用の一部を負担してもらえる制度があります。これを「埋葬料」といい、健康保険組合や自治体から喪主に支払われます。埋葬料を受け取るためには申請が必要で、健康保険では埋葬料、国民健康保険では葬祭費といいます。直葬を行ったあとで葬祭料の申請を行うと「葬儀は行われていない」という理由で葬祭料が支払われなかったというケースがあります。葬祭を行った証明の有無や故人の年齢によっては葬祭料が支給されない場合もあるため、健康保険組合や自治体に確認するようにしましょう。

●直葬のメリットとデメリット

~メリット~

・経済的負担を軽減できる

直葬の大きなメリットといえば、葬儀費用を節約できる点が大きいでしょう。

・喪主、遺族の負担を抑えられる

参列者を招いた葬儀の場合、喪主やご家族は弔問客の対応や会食の席で接待を行わなければなりません。これは、大切な家族を亡くした遺族にとっては身体的・精神的に負担の大きいものです。

・参列者への対応が不要

直葬はほとんどの場合、ご家族や身近な方のみの少人数で行うため、大勢の参列者への挨拶や、受付係の手配などが必要ありません。また、香典を頂いた方への香典返しや、手伝っていただいた近所の方への挨拶回りなど、葬儀後の対応も最小限で済みますので、気持ちの負担も軽減できます。

~デメリット~

・親族の理解を得る必要がある

直葬は、多くの方がイメージされる一般的な葬儀とは異なります。そのため、後日トラブルにならないように、親族に対して直葬を行う旨をしっかりと伝え、理解を得ておくことが必要です。

・参列を希望される方への配慮が必要

直葬(火葬式)は基本的に身内のみで行うため、葬儀に参列できなかったことを悔やまれる方がいるかもしれません。葬儀後に弔問の機会を設けるなどの対応があると良いでしょう。

・菩提寺へ納骨できない可能性がある

菩提寺やお世話になっているお寺がある場合は、直葬を行う前に説明をして了承を得る必要があります。直葬は葬儀を行わないため、僧侶による読経もありません。無断で直葬を行ってしまうと、お寺によっては納骨できなくなってしまうこともあります。納骨だけではなく今後の法事への影響も考えられるため、直葬にする理由を述べてから準備を行うようにしましょう。

●まとめ

一口に直葬・火葬式といっても、その内容はさまざま。葬儀社によっても異なるでしょうし、担当者によっても変わります。今回は直葬の流れや費用など、依頼する前に知っておきたいポイントを詳しくご紹介しました。このように直葬とは一般的な葬儀と比較するととてもシンプルな葬儀です。直葬での葬儀は経済的負担や心身の負担を減らすことができ、高齢化社会・核家族化が進む現代には合った葬儀といえます。しかし、親族や菩提寺とのトラブルになる可能性もあるため安易に決める前に事前に、一度、関係する方々でお話してみることをお勧めします。

【株式会社まるいち いほりホール】

創業60年以上の確かな信頼と実績

京都で家族葬・ご葬儀・お葬式なら

・本社 〒602-8304

京都市上京区千本通上立売上る作庵町518

・いほりホール 〒602-8475

京都市上京区千本通上立売下る牡丹鉾町543

・365日24時間ご対応

ページ公開日: 2021-05-14 
ページ更新日: 2021-09-09